FC2ブログ

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019.02.14 (Thu)

無題

さっきテレビつけたらたまたまスカイAで探偵!ナイトスク○プの
再放送やっててお母さんがお父さんより年上だと知った男の子が
ショックで泣いてた。
何この子? 気持ち悪くて途中でチャンネル替えた。

うちも母のほうが父より年上なんですが。
父が転勤族だったから子供の頃何度も転校したけど
転校する度に女子達は「お父さんいくつ?お母さんいくつ?」
と必ず聞くよね。

私が正直に答えると
「えーーーーーーー!!
お母さんが年上なの?
嘘ーーーー!!!
どうして!?!?!?」
って必ず言うよね。
知るか。
奥さんのほうが年上って犯罪ですかね。

今日初めて思ったけど私緘黙で良かったかも。
11年間苦しんだけど、私は他の生徒に
「お父さんいくつ?お母さんいくつ?嘘ーーー!
どうして!?!?!?」って言ったことねえわ。

悪気は無いんだろうけど平気で言葉の暴力振るう
人達いるからね。
ちょっと言い過ぎですかね。
平気で人を傷付けるってことよ。

緘黙で苦しんでる子供達、負けないでね!
何の力にもなれないけど応援してるよ!
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

EDIT  |  18:07  |  緘黙(かんもく)  |  TB(0)  |  Top↑

2008.12.19 (Fri)

ツグムくんて…

愛用のコーヒーカップ。
玖保キリコさん原作「いまどきのこども」の
ツグムくんです。

tugumu1_081219

この前、いつものようにこのカップを食器棚から
出して、お湯を沸かし始めたのですが…。
ふと、ツグムくんて全然しゃべらない子だったけど、
もしかして緘黙児?と思ったのです。
学校でも、友達のキリ太くんの家でもしゃべって
なかったような…。

どうして今まで気が付かなかったんだろう。
もう20年位このカップ使ってるような気がするのに。
多分20年前には緘黙という言葉も聞いたことなかったし、
自分がそういう病気だったことも知らなかったからじゃ
ないかな。
ただ、ツグムくんを好きだったのは確かです。
スープカップもあります。

tugumu2_081219

左からツグムくん、転校生のタクミくん、キリ太くん。

なんかそう思うと気になってしまって。
でも昔読んでた単行本は引っ越しのときに処分したので、
この前オークションで文庫本のほうをゲットしました。
寝る前に少しずつ読んでいます。
緘黙かもしれないし、緘黙じゃないかもしれない
ツグムくんについて再考してみたいと思います。
あ、多分、緘黙のカテゴリー以外でも書いてしまうかも。

tugumu3_081219

もう、ほんとにかわゆーい!ツグムくんheart15

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

EDIT  |  01:47  |  緘黙(かんもく)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.09.13 (Sat)

会話のない○○

とびがいなくなって何が一番変わったかというと、
夕食のときの会話が減ったことです。
笑うことも少なくなりました。

とびはほぼ毎日のように夕食に参加していました。
食卓で両親と私の声が聞こえると、いつも
うさぎ部屋から出てきて、定位置であるマットの
上に座ってバナナや野菜をもらいます。
食べ終わった後も私達の話を聞いたり(?)
眠たそうに座っていました。
そういうとびの姿をネタ(おかず?)にしながら
楽しくご飯を食べていたので、それが無くなった
今、何を話せばいいのやら。
この状態が異常かと言えばそうでもなく、元々
両親との会話も苦手だったので、こんなもんです。

摂食障害(拒食&過食)の時期には両親と一緒に
食べることもなく、自分の部屋で食べたりして
いました。

小学校のとき、クラスの子が私への当てつけか、
「私、一日しゃべらないでいるなんて絶対無理!」
と言っているのを聞いて、驚いたことがあります。
私、一週間でも一ヶ月でも大丈夫だけど。
さすがに一年は言葉を忘れそうなので、ちょっと
怖いですが。
しゃべりたくてもしゃべれなかった。
でも、しゃべらなくてもいい環境なら、しゃべら
ないことが苦痛じゃない。
ていうか、そのほうが楽?

母がよく、「とびが話ができたらええのにね。」
と言っていて、私も「そうやね。」と答えた後、
私がそれを言っちゃいけないと思いました。
でも、とびに話しかけるのは全然しんどくなかった。

緘黙児をお持ちのお母さん。
ひょっとして、動物を飼うのはいいかもしれません。

とらっぴぃ~日記の最初の頃に使った画像。
この頃のとびは丸々と太っていました。

3usa_001-080903

まだとびの写真を見ると涙が出ます。

小さいのに、私にとっては大きな存在だったの
だなと…。

テーマ : 緘黙症 - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  17:11  |  緘黙(かんもく)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME |