FC2ブログ

10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008.11.18 (Tue)

垂れ耳だもん

昨日のららです。
耳の付け根を揉み揉みされるのは好きだけど、

垂れ耳だもん

立ち耳にされるのは嫌ッ!…だそうです(^0^;)

でも、しつこく立ててみる �o�C�L���}��
スポンサーサイト



テーマ : RABBIT(うさぎ) - ジャンル : ペット

EDIT  |  14:04  |  ペット  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

Comment

やっぱりうさぎちゃんにも、ツボがあるのかな?
コロも、耳の後ろをマッサージすると気持ちよさそうです。(*^_^*)
Coro |  2008.11.18(Tue) 21:47 |  URL |  【コメント編集】

うちの子も、耳の付け根をマッサージされるのが
好きみたいで、耳が大きいと凝るんでしょうか?
そらは反対に、立ってた耳を寝かして遊んでいたら
本当に耳が垂れてしまいました v-12
後に、お父さんがロップと判りましたが、
あの時は、主人に耳で遊ぶからと叱られて
随分悩んだ事でした。

あず |  2008.11.18(Tue) 23:56 |  URL |  【コメント編集】

v-22Coroさんへ

うさぎのマッサージの本、欲しいんですけどね。
結構いい値段なので…(^_^;)
気持ちよさそうな顔を見ると、こちらも気持ちよく
なりますね。
とらっぴぃ~ |  2008.11.19(Wed) 01:33 |  URL |  【コメント編集】

v-22あずさんへ

えーッ!
そんなことがあったんですか。
あずさんのせいじゃないのにね…(◎-◎;)
ラピトーンがとびをペットショップで買ったときは、
もう少しすると耳が垂れてくるからと店員さんに
言われたのに、立ったままだったそうです。
店員さんの勘違いか、だまされたのか?
でも、立ち耳も垂れ耳もどちらもかわいいですよね。
垂れ耳さんは特に、耳の付け根が凝るらしいと
聞いたことがありますよ。
とらっぴぃ~ |  2008.11.19(Wed) 01:42 |  URL |  【コメント編集】

快不快は表裏一体

なるほど~、飼い主さんとの関係は家族同然ですから
快と不快は表裏一体ってわけですね・・・
自分の家族関係にも教訓的なワンシーンでした。
ゆきんこ |  2008.11.19(Wed) 11:05 |  URL |  【コメント編集】

v-22ゆきんこさんへ

いらっしゃいませ\(^O^)/
揉み揉みされるのは気持ちいいけど、しつこく
耳を立ててると「ウザイ!」という顔に変わりますね。
この後ケージに入れると足ダンして抗議してました。
うさぎって結構怒りっぽいんですよ。
あ、これは私も一緒ですf(^ー^;
とらっぴぃ~ |  2008.11.19(Wed) 17:28 |  URL |  【コメント編集】

ららちゃん「イヤンイヤン!!」って言ってるみたいですね。。。

でも気持ちわかる(笑)
私も仙太郎をロップちゃんにするんですよね^^;;

あ~、マッサージ、その動画の部分をマッサージしたら喜びますよね☆
まいまい@仙太郎母 |  2008.11.20(Thu) 19:11 |  URL |  【コメント編集】

v-22まいまい@仙太郎母さんへ

えへへーf(^ー^;
ついついやってしまいますね。
ららはかなり迷惑そうです。
首や耳の付け根の部分は揉んであげると
気持ちよさそうにしてるんですけどね。
とらっぴぃ~ |  2008.11.20(Thu) 20:54 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは☆

モミモミ気持ちイイよね☆
揉まれてる時は、人間と同じ顔してますねぇ( ´艸`)

そういえば、あまり見ないかも。。。
耳がピンとしたウサもいるんですか?
ぐぅす |  2008.11.23(Sun) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

v-22ぐぅすさんへ

私、マッサージとかされたことが無いんです
けど、気持ちいいんでしょうね。
足裏マッサージとかされてみたいなー。

とびが立ち耳でピンと立っていたのですが、
その耳を垂れさせようとしたらやはり嫌がって
いましたe-247
嫌がることばかりやってますね f(^ー^;
とらっぴぃ~ |  2008.11.23(Sun) 13:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |